当ブログBlue_hana・BLOGはBlue_hanaの日常、
イラストなどについて自由に書いて記事にしているサイトです。
Twitterでツイートした内容もまとめられて記事になります。

メインサイト(Blue_hana・Official)も運営しています。
そのサイトへは以下のバナーから行けます。

official_banner_2016-07.png
Blue_hana・Official


2016/04/01

タグクラウド
  

2017年10月18日

【新潟BRTは】BRTをLRTへ移行しない方が良いかも?と思う【成功している】

「はくさん通り」が歩道を含め小綺麗に2車線で整備されてる状況から判断してLRT化はしなさそうな気が・・・。あ、いや、何でもない・・・;

新潟市はBRTをしばらく続け、状況が良くなればLRT化など次のステップへ移行する・・・計画らしいですが、たとえ良くなったとしても、むやみに移行するのはやめた方が・・・と思うんです。
もしLRTへ移行するとなれば、それはつまり現行の利用者数も収入も便数も大幅に増えたと考えても良いということですから、すごく良いことです。
でも僕個人的にはむやみにLRTに移行せず、まずは現行のBRTを必ず完成させて、そのまま継続・発展させていった方が良いと思ってます。

理由として路面電車は、
・建設費用が高い
・維持費用も高い
 →公共交通だけにたくさんの税金をかけるわけにはいかない、他のことにも税金を使わなければいけない
・融通が利かない(線路で固定されるから)
・新潟の場合、路面電車を通したからといって車依存が減るとは思えない
・2車線の区間(市役所前〜第一高校前)はどうするの?
 →単線?その場合、どこかで列車交換が必要なので運行がスムーズにいかないのでは?
 →複線にすると自動車・バスが全く通れないのでは?
というデメリットがあると思います。

さらに、新潟市はかつて新潟交通電車線が燕市から白根を経由して現在の市役所の近くまで通っていましたが、結局繁華街を経由して新潟駅まで延伸しないまま廃止されたということを聞いてます。
ということは、実際、新潟の繁華街を通る公共交通はバスだけで、それは今も変わりません。
つまり、実質的に新潟市が本州日本海側で一番の街に発展するのを支えて来たのはJRとバスだけということになりますから、今でも新潟はバスの利便性を良くし発展させる(=BRT)だけでさらに街を盛り上げることができるのでは?と思うんです。
というかむしろ、あえてこれからも(路面電車や私鉄、地下鉄なしで)JRとバスだけで行って、街がもっと発展していけば、すごいことかもしれないですよ。他の都市にはない(珍しいとかすごいとかいう意味で)おもしろい街になると思うんだよなぁ。

それに、路面電車があっても衰退気味の街、車依存が減らない街もありますからね・・・(僕の地元富山市とか高岡市とか、福井とか・・・)。

連接バスはデザインセンスがあってカッコいいし、車内もそれなりに広く乗り心地が良く快適ですし、都会的で良いなと思います。インパクトもかなり強いですしね。個人的には路面電車やLRTよりも連接バスの方が好きです。

以上から僕個人的にはBRTをずっと続けていった方が良いと思うのです。
あ、もちろん決して路面電車が嫌いだからというわけではないのでご注意を。僕は電車も好きですから。



DSC_0032.jpg
掃除してたら、BRT開業前に行われた連接バス試乗会でもらった神奈川中央交通のTwin Linerのクリアファイルを見つけましたw
確か一番最初の試乗会でしたのでその頃から新潟市の新交通には興味があったんですよね。
連接バスはそれよりも前に千葉の幕張メッセ付近で見たことはあったんですけど、乗ったのはこの時が初めてで、バスのようでバスじゃない、2両編成の電車のような雰囲気を感じられ、印象がすごく良く感じた覚えがあります。


【関連記事】
【新潟BRTは】バス通勤を始めて1年が経ってたので、思ったことを書いてみる【成功している】
posted by Blue_hana at 17:22 | Comment(0) | Blue_hana・BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

【新潟BRTは】バス通勤を始めて1年が経ってたので、思ったことを書いてみる【成功している】

新潟市でバス通勤を始めてすでに1年経ってたので、思ったことを書いてみます。


@バス交通がすごく便利になった
本数・定時性・のりばの分かりやすさ、どれをとっても良くなってるので、それが転職した際に交通手段を自転車からバスに切り替える決め手になりました。
それと、開業前まではのりばがすごく分かりづらかった東区方面へののりばも分かりやすくなり、東区方面へバスを使って行くようになりました。


A新バスシステム・BRTは成功している
開業前まで減少し続けてきたバス利用者数とバスの便数は開業後増えています。
さらに、主な移動手段にバスを使う人の割合が以前の調査に比べて増えているそうです。
成功・失敗の基準が事業開始前に比べて利用者・便数・収益などが増えているか減っているかで判断するなら、成功していると言えますよね。新潟市はそれらを判断材料にしているはずです。
つまり、某市民団体が未だにうるさく言ってる「開業時に起こったつまづき」だけで失敗と判断するのはお門違いも甚だしいということになりますよね。


B早く専用レーンと路上ホームを作ってください、お願いします
新潟駅前〜古町のたったの2kmです。
この繁華街のたった2kmの区間で専用レーン・ホームを作るだけで新潟市の印象はすごく良くなるし、街が賑やかになるし、バスの利用者ももっと増えると思います。


C新潟駅前ののりばが立体化?なら万代や古町も立体化に!
新潟駅の南北自由通路の壁には、新しい新潟駅の高架下に作る交通広場の具体的なデザインが掲載されてます。
それによると、バスレーンの上に跨線橋を作って立体化し、エレベーターやエスカレーターも設置して、反対側のバスのりばはもちろん、新潟駅の2階にも行きやすくするみたいです。

だったら、専用レーン・路上ホームができたら、ぜひ万代シテイ、古町も階段やエレベーターなどを設置して地下や歩道橋からもホームへアクセスできるようにするべきでは?と思いました。
地下や歩道橋・ペデストリアンデッキに通すメリットとしては、
・回遊性が上がる
・横断歩道で信号待ちする必要がなくなる
・地下に発着案内や乗り換え案内、周辺案内、待合所などを作って(古町はすでにあるけど・・・)地下鉄の駅のような感じにできる
・乗り換えの際に動線が限定されるので、案内しやすくなり、のりばが分かりやすくなる
・雨風雪をしのげる
・階段の上り下りで歩行量を増やせる
などがあります。
お金はかかるだろうけど、でも、この2箇所は市内で最も重要なエリアなんだから、これぐらいやってほしいなぁと思います。


DBRT専用のWEBページを作った方が良い
仙台市地下鉄や都営地下鉄、名古屋市の地下鉄などのように、BRTだけでも良いから、各のりばごとにページを作り、
・のりばの位置や構内図、郊外方面のバス停の位置
・待合室やトイレなどの設備の案内
・時刻表
・周辺の施設・観光地案内
・乗り換え案内
を掲載した方がさらに良くなると思います。


ちなみに、僕は今クルマは持ってません。徒歩圏内に生活必需品がほとんど手に入るし、少し遠いところへはバスや電車、自転車などで十分行けるので。
それと、クルマよりも電車やバスの方が好きですし。
今後も公共交通の利用者が増え、もっと利便性が上がり、クルマ社会から脱却できることを期待して、これからも(収入が上がってお金に余裕ができたとしても)極力クルマは所有しないつもりでいますので。


あと最近、新潟空港への新幹線延伸、越後線と信越線の新駅設置の議論が再び活発になってきてるようで、今度こそ実現すると良いですね。空港の新幹線駅はすごくおもしろいし、便利になりますよ。



【関連記事】
【新潟BRTは】BRTをLRTへ移行しない方が良いかも?と思う【成功している】
posted by Blue_hana at 18:28 | Comment(0) | Blue_hana・BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする